芸能人の副業ランキング一覧2017
*
ホーム > 実業家 > 元有名力士が祖国で大実業家に!?あの朝青龍はいったいどうしているのか?

元有名力士が祖国で大実業家に!?あの朝青龍はいったいどうしているのか?

【芸能人名】朝青龍

【紹介】

1980年9月27日生まれ、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士、第68代横綱、モンゴル国レスリング協会会長。現在は実業家、モンゴル国民投資銀行(NIBank)の経営者、タレント、コメンテーター、評論家、映画俳優、慈善家として多方面に活躍している。本名はドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ。引退後は、「(元・横綱朝青龍の)ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏」と報道等で紹介されることも多い四股名は高校在学時に世話になったという高知県土佐市の青龍寺に由来している。また「明徳」という名は出身校の明徳義塾高等学校にちなんで名づけられた。師匠の高砂は朝青龍について「一番手こずらされた弟子」と評しており、「取組後の感情がコントロールが上手くない、すぐに泣く、騒動時はショックで放心状態だったりと、感情の起伏が激しく繊細」と分析している。ふてぶてしい性格で知られるものの、新入幕から新三役までの時期に関しては雑誌『相撲』にて「純真そのもの」と評されていた。

愛称は本名からとった「ドルジ」、ファンタのCMでのキャラクター「ファン太郎」など。また、新聞の見出しや星取表などでは「朝青」という略語も見られる。朝青龍を平仮名にしたときの「あさしょうりゅう」は、拗音を1字と数えて8文字であるが、これは引退済みを含む全力士の中でもっとも長い四股名である。左利きであり、塩を左手で撒く数少ない力士の一人であった(左手で塩を撒いても作法上問題はない。また、ちゃんこを食す際、箸も左手で持っていた)。兄はレスリング選手、総合格闘家でモンゴル人民党所属の国民大会議議員であるドルゴルスレン・スミヤバザル、プロレスラーのブルー・ウルフ。

【仕事の形態】 不動産業、銀行、店舗経営他

13-5.jpg

【おススメポイント】】

かつて日本で大フィーバーした横綱ですが、現在は祖国に帰って実業家として大活躍しています。副業と言えるレベルをはるかに超えており、国内でも有数の長者としても有名です。国民的人気娯楽のサーカスを営んだり、銀行やレストランまで幅広く運営をおこなっています。

HP:https://twitter.com/Asashoryu(公式ツイッター)


関連記事

ビジネス界でも勇者になる!?山田孝之が企業CIOに就任
【芸能人名】山田孝之 【紹介】 1983年10月20日生まれ、鹿児島県出身。俳優...
なんと!あの女優柴咲コウがIT企業のCEOになっちゃった!
【芸能人名】柴咲コウ 【紹介】 1981年8月5日生まれ、東京都豊島区出身。女優...
元SHAZNAのボーカルのIZAMが暴露!ヒット曲連発!驚愕の印税額!
※暴露ナイトより ビジュアル系バンドの中でも女装という今までになかったスタイルに...
元有名力士が祖国で大実業家に!?あの朝青龍はいったいどうしているのか?
【芸能人名】朝青龍 【紹介】 1980年9月27日生まれ、モンゴル国ウランバート...