芸能人の副業ランキング一覧2017
*
ホーム > 手芸作家 > お笑い芸人光浦靖子が描く可愛い手作りブローチの世界

お笑い芸人光浦靖子が描く可愛い手作りブローチの世界

【芸能人名】光浦靖子

【紹介】

1971年5月20日生まれ、日本のタレント、お笑い芸人。大久保佳代子とお笑いコンビオアシズを組んでいる。愛知県田原市出身。プロダクション人力舎所属。愛知県立成章高等学校を経て、1998年3月、東京外国語大学外国語学部(現・言語文化学部)インドネシア語学科卒業。幼馴染であった大久保佳代子と早稲田大学のお笑いサークルでコンビ「オアシズ」を組みメジャーデビュー。以降、毒舌系キャラとして地位を確立。2005年4月15日放送の日本テレビ系バラエティ番組『プリティガレッジ』内コーナー「資格家の人々」で、さまざまな資格取得に挑戦。なまはげ伝道士の資格を取得した。2007年7月20日に脳動脈瘤の処置を行うため、入院した。腫瘤(しこり)は頭部表面の血管で発見され、緊急的なものではなく予防的な手術であった。なお腫瘤自体の発見は半年ほど前のことで、スケジュール調整は事前に済ませてあった。8月23日、文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』で復帰した。

【仕事の形態】 手芸作家

18-3.jpg

【おススメポイント】

実は手先が器用で有名な光浦さん。共演する方へのプレゼントとして、フェルトで作ったブローチをプレゼントしていたところ、好評だったようです。その後本を出版されたり、展覧会を開催されたりして、作家としての一面も高く評価されるようになりました。

【お店情報】

HP:https://twitter.com/bussu_shugeibu(手芸公式ツイッター)